妙顕寺・京都四条「南座」と同じ大きさの提灯が出迎えます


妙顕寺は地下鉄「鞍馬口駅」1番出口から徒歩9分の場所にあります。JR京都駅からは市バス9番で約20分、堀川寺之内下車・徒歩5分です。豊臣秀吉の京都の宿舎として有名で、天正11年(1583年)に五条大宮から現在の地に移設されましたが、天明8年(1788年)に消失し、天保5年(1834年)に再建されました。宿泊は、原則、女性専用とされています。


庫裏に入ると、正面に大きな提灯(直径120㎝高さ200㎝)が飾られています。これは京都四条「南座」の提灯でも知られる小嶋商店の制作で、その大きさに目を引きつけられます。提灯に描かれる家紋は「妙顕寺牡丹」と呼ばれます。

敷地内には「四海唱導の庭」、「光琳曲水の庭」、「孟宗竹の坪庭」の3つの庭園があり、宿泊客は無料で拝観できます。

住所 京都府京都市上京区妙顕寺前町514
TEL 075-414-0808
部屋 個室3
チェックイン 12:00~17:00
チェックアウト 10:00
門限 21:00
設備 浴場
宿坊公式HP https://www.shikaishodo-myokenji.org/
宿泊予約サイト