毛越寺 | 平泉にある世界遺産。浄土庭園と伽藍遺構が見どころ


 
毛越寺(もうつうじ)はJR平泉駅からバスで約3分、徒歩で約10分の場所にあります。2011年6月に中尊寺、金色堂等とともに世界遺産に登録されました。
 

 
私たちは仙台市に前泊し、高速乗合バスを利用しました。仙台から平泉までの所要時間は約2時間です。
 
高速乗合バス(外部リンク)
 
JR仙台駅周辺のホテル(楽天トラベル)
 
 
 

 
 
毛越寺は、中尊寺と同じく、850年(嘉祥3年)に比叡山延暦寺の高僧・慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開創されたと伝えられています。藤原基衡・秀衡の時代に多くの伽藍が造営され、一時は中尊寺を上回る規模を誇りました。しかし、天災などで建物が焼失し、現在は「大泉が池」を中心とする浄土庭園と伽藍遺構が残っています。
 

 
 
庭園はゆっくり一周歩いて約40分。大きな池が特徴的で、見晴らしの良い風景が目を楽しませてくれます。
 

 

 
  
 
本堂
 

 
 
開山堂
 

 
 
 

住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58
TEL 0191-46-2331
拝観時間 8時30分〜17時
(11月5日~3月4日:8時30分~16時30分)
拝観券 大人500円
高校生300円
小・中学生100円