養老渓谷 |養老の滝に激近の温泉宿「滝見苑」に泊まりました


 
養老渓谷は東京方面から電車で約3時間。日帰りも可能です。
 
東京方面 → (JR) → 五井 → (小湊鉄道) → 養老渓谷
 
また、ムーミン列車で人気の「いすみ鉄道」を利用して行くこともできます。
 
東京方面 → (JR) → 大原 → (いすみ鉄道) → 上総中野 → (小湊鉄道) → 養老渓谷
 

 
 
今回は、五井駅から小湊鉄道に乗りました(光風台〜上総牛久間は代行バスを利用)。
小湊鉄道は大正14年に開業され、単線・非電化(ディーゼル気動車)で、車両や駅舎などレトロな雰囲気を残す路線です。2017年には関連の22施設が国の登録有形文化財に指定されました。
 
指定された登録有形文化財の一つ、上総牛久駅に到着。
 

 
 
上総牛久駅で話題のスポットは、なんと、公衆トイレです。世界的な建築家の藤本壮介氏によって設計され、「里山トイレ」と名付けられた施設は駅の真ん前にあり、2020年12月から利用が開始されました。里山の名前に相応しく、外観に多くの木材が使われ、外階段を使って屋上の展望スペースへ上ることができる「階段トイレ」や「緑があるトイレ」、「塔のトイレ」などユニークなコンセプトに沿って造られています。また、トイレの前には、写真映えする、赤い三角屋根の待合所があり、電光掲示板でトイレの使用状況を知らせるようになっています。
 
藤本壮介氏が設計したトイレは、小湊鉄道にもう一つ、飯給駅にあります。2012年に完成し、「世界一大きなトイレ」として話題になりました。今回は行けませんでしたが、こちらも面白そうです。
 

 
 
駅のベンチに腰掛け、上総中野行きの電車を待っていると、アクシデント発生の連絡!
 
「たった今、土砂崩壊の連絡が入り、電車が遅れます。この先、里見駅までしか運行できず、養老渓谷駅へは行けません」

<小湊鉄道・路線図>

 
仕方なく、宿泊するホテルに連絡したところ、上総牛久駅まで迎えに来てくれることに。
 

 
待っている時間を利用して、駅前の「木村家」で天ぷらそばを食べました。
 

 
 
ホテルは「滝見苑」。
ちょうど養老の滝(栗又の滝)の真ん前にあり、滝を見て、川沿いを散策するには非常に便利な場所に建っています。また、車で約3分の所に姉妹施設の「ごりやくの湯」があり、時間によってはホテルから送迎サービスがあります。
 
部屋は和室で広く、清潔でした。食事会場は、仕切られた空間に4人掛けのテーブルが配置されていたので、半個室のような感じで、ゆっくりと食べることができました。朝食も、バイキングではなく、テーブルの上に用意してくれていたので、いちいち取りに行くことなく、良かったです。
 
今回は利用しませんでしたが、ホテルのHPによると、カラオケを楽しめる場所もあるみたいですよ。
 

 

名称 滝見苑
住所 千葉県夷隅郡大多喜町粟又2-11
地図
アクセス 養老渓谷駅からバスで約25分
チェック
イン
15:00
チェック
アウト
11:00
TEL 0470-85-0101
公式㏋ 滝見苑
宿泊予約
サイト
じゃらん JTB 楽天トラベル

 
ホテル前の階段を下りると、養老の滝がすぐ間近に見えます。
 

 
 
川沿いには約2kmの遊歩道が整備されていて、普通の靴でも大丈夫。木々に囲まれた自然豊かな散策コースで、日頃の疲れを癒してくれます。
 

 
 
「滝見苑」の向かいにある「YAMANEKOカフェ」。行列ができていました。
 
 
 

今度はぜひ紅葉の季節に訪れたいです