宍道湖 | 日本の夕日100選。ミシュラン星1つの島根県立美術館からの鑑賞がおすすめ


 
宍道湖(しんじこ)は島根県松江市と出雲市にまたがる湖です。JR松江駅から徒歩15分の場所にあります。
 

 
 
 
宍道湖の周囲は45km。国内で7番目の大きさを誇る湖で、わずかに塩分を含む汽水湖(淡水中に海水が侵入している湖沼)です。シジミやシラウオなどの魚介類が豊富で、早朝にはシジミ漁の船が操業しています。
 

 
 
 
夕日スポットとして有名で、日本の夕日100選に入っています。このビュースポットとしては、湖畔の白潟公園、岸公園、島根県立美術館、袖師公園などがあり、湖沿いに遊歩道やテラスが整備されています。また、遊覧船も就航しています。
 

 

 

 

 

 
宍道湖での体験プラン
 
島根県立美術館は宍道湖畔に沿うように建てられています。洛中洛外図屏風、伊藤若冲、モネ、ゴーギャンなど数多くの美術品が展示されています。2009年には、ミシュランの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で星1つを獲得しました。館内からの夕日鑑賞は格別で、3月から9月は日没後30分まで開館しています。