種子島宇宙センター | 世界一美しいロケット発射場。実物大のロケット(模型)があなたを出迎えます


 
種子島宇宙センターは種子島東南端の海岸線に面しており、西之表港からタクシーで1時間、路線バスで90分(種子島宇宙センター停留所下車)の場所にあります。
 

 
 
 
総面積約970万平方メートル。日本最大で、世界一美しいロケット発射場といわれています。
 


 
 
 
センターでは、ロケットの組立から点検整備、発射、追跡に至るまで、打ち上げに必要な一連の作業が完結できる体制がとられています。最近では、日本版の衛星利用測位システム(GPS)の構築を目指し、2017年8月19日に「みちびき3号機」が、2017年10月10日に「みちびき4号機」が当センターから打ち上げられました。
 

 

 

 
ロケット打ち上げの瞬間には、日程が合わないと、なかなか立ち会えませんが、全長50mのロケット(実物大模型)が絶好の被写体としてそびえ立っています。
 

 

 
「宇宙科学技術館」では宇宙開発に関わる展示が行われており、無料の自由見学や施設案内ツアーを通じて、間近でロケットの内部構造などを見ることができます。
 


 

 
種子島での体験プラン
 
センターは海と砂浜に囲まれていて、天気の良い日など、海水浴気分を味わうことができます。
 

 

住所 鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
TEL 0997-26-2111(代表)
時間 9時30分~17時30分
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日 8月は原則無休)、年末年始(12/29~1/1)
休業:ロケットの打ち上げなどで休館の場合あり